ウーマン

初心者向けのプチ整形

カウンセリング

見た目も内面も整える

目立つ傷が残らず、術後の回復期間が短い美容整形手術をプチ整形と言います。その中で年代を問わずに人気なのがボトックスです。ボトックスとは、過剰に発達した筋肉を緩めるタンパク質成分を適用部に注射することを言い、アラガン社のボトックスという薬剤を使用することから名前が付きました。主に用いられるのが、眉間や額の皺、エラの張り出し、首から肩の盛り上がり、太ももやふくらはぎの筋肉太りなどです。これらは、骨格の問題もありますが、殆んど日常の誤ったクセを繰り返し行うことにより発生した問題です。しかし、クセを改善することも大事ですが、このボトックスを行うことで早期に解消でき、本来の感覚を取り戻すことが出来ます。手術は短時間で終わり、効果は人によりますが2、3日で徐々に目に見えて一ヶ月ほどで最大効果が現れます。細かな部位なら2週間と短期間程です。瞬時に変わらないので、周りの目も気にならず、長期休暇がなくても受けられることが大きなメリットです。しかし、1度の注射で永遠に効果が得られるわけではなく、筋肉は徐々に元の状態に戻っていきます。初めてのボトックスの場合は、効果が見えるのも早いですが、無くなるのも早く数ヵ月で元に戻ると言われています。そんな短期間の効果を半永久的に持続させるには定期的なボトックス注射が必要になります。これは、効果が切れる前に注射で持続期間をひきのばすことで、筋肉の働きが止まった状態を定着させていくことで、身体がその状態を自然だと認識して元に戻らなくなります。ずっと寝たきりだと筋肉が小さくなっていき、弱まりやがて立てなくなるのと同じ筋萎縮によるものです。その為、エラやふくらはぎ、太ももという頻繁に使用する部位は定着するまでの期間が長くなります。そんなボトックスですが、一番人気なのがエラへの注射です。小顔が美の条件とされているため、エラの発達は見た目を損なっていると捉えられます。エラの発達は、歯の食い縛りが原因になりストレスや頬杖も悪化させます。ここの筋肉を緩めることで小顔だけでなく、歯ぎしりによる歯の磨り減りや筋肉の過緊張による頭痛や凝りも緩和されます。次に眉間や額の皺で、比較的年配層に人気です。目の疲れや弱った筋肉の補助等で、余計な筋肉に負荷がかかり、盛り上がったまま定着することで皺が刻まれます。皺が減ることで見た目も若く見え、眼精疲労や頭の凝りが弱まることもあります。そして最近人気が高まっているのが首から肩にかけての注射です。スマホやパソコンの普及で猫背やストレートネックになり、首の後ろや肩に余分な筋肉が付きます。首が太く短く、肩が怒り肩に見え見た目を損ないます。首や肩の凝りが解消し、眼精疲労や頭痛、息苦しさや消化不良など、凝りから来る様々な不調に効果的なことから美容目的以外からも注目されています。まだ行っている所が少なく、広範囲のため金額がかかる場合があるためクリニックに事前の確認が必要です。ボトックスは注射を打つだけと思われがちですが、技術が必要な施術のためカウンセリングなどによる慎重なクリニック選びが大事です。